人気ブログランキング |

安全・安心な武雄市を作ろう 織田勉(おだつとむ) 44歳 O型 独身


by kisima13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

巨人、2連敗で貯金20!巨人48勝28敗7分 .632 セリーグ1位

d0150722_1301798.jpg
横浜対巨人13回戦(7月20日・横浜スタジアム) 巨人9勝4敗 

●巨人1-7横浜○ 

勝 ウォーランド 5勝7敗
負 東野     4勝5敗 

巨人は先発・東野が5回5失点と打ち込まれ、最近低調さが目立つ打線も横浜と同じ9安打を放ちながら3併殺9残塁の拙攻。
いいところなく敗れ、広島に勝ち6連勝の中日に2・5ゲーム差まで迫られた。
今季不動の1番に成長した若武者・坂本が腰の張りを訴え、ベンチからも外れる緊急事態で始まった試合。
昨年活躍した鈴木、木村の1、2番コンビで試合に臨んだが、鈴木が3打数無安打と機能せず。
左のウォーランド対策として入った「6番・一塁」に入った小田嶋が2度のチャンスに凡退、1回裏に先頭・下園の一ゴロをトンネルして先制を許すきっかけを作るなど、打つ手がすべて裏目に出た。
(本文は、スポーツ報知から引用)

巨人は、投打ともに精彩を欠いて敗れた。
先発の東野は、5回6安打4三振2四球5失点(自責点4)と役目を果たせなかった。
深田と木村と野間口は、それぞれ安打を浴びて追加点を許した。
打線は9安打しながらも1得点で、タイムリー1本のみ。
5回までに得点圏に走者を置いたチャンス数回を生かせなかった。
小笠原が3安打の猛打賞で1打点と唯一気を吐いた。
スタメン野手で、鈴木と小田嶋と鶴岡と寺内が無安打。
左投手対策で6番に起用された小田嶋は、守備でもエラーをして良いところが無かった。
代打の松本は、ファールで粘ってヒットを放つなど持ち味を発揮した。
小笠原は、打撃3部門全て2位に立った。
欠場の阿部と坂本の状態が気になる。
坂本は、昨季の開幕戦から全試合に先発出場していたが、連続出場記録は226で途切れ、打率.318でセリーグ3位になった。
首位の巨人と2位の中日は、2.5ゲーム差。
巨人は、昨季に大逆転でセリーグ優勝を果たした。
戦力が有るので、必ず優勝できるだろう。

巨人48勝28敗7分 .632 セリーグ1位

インターネット募金

ヤフーオークション
ヤフーブログ 
ミクシィブログ
スポーツナビ
by kisima13 | 2009-07-20 23:55 | 野球(プロ アマ)