人気ブログランキング |

安全・安心な武雄市を作ろう 織田勉(おだつとむ) 44歳 O型 独身


by kisima13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

巨人81勝41敗9分 .664 セリーグ1位

d0150722_17535918.jpg
巨人対中日19回戦(9月21日 東京ドーム) 巨人13勝6敗

○巨人5-3中日●

勝 東野   8勝7敗 
セ クルーン 1勝3敗26S
負 山本昌  1勝3敗

<試合経過>
巨人の先発は東野、中日の先発は山本昌。
巨人は、2回表に李炳圭の3号ソロで先制を許した。
しかし、2回裏に谷の9号2ランで逆転。
3回表に同点に追いつかれたが、3回裏にラミレスの29号2ランで勝ち越し。
さらに、4回裏に谷の2打席連続となる10号でリードを広げた。
東野が7回3失点、山口、クルーンと繋いで逃げ切った。
今季、巨人の中日戦勝ち越しが決まった。
巨人は、今季最多の貯金40として優勝マジック3になった。

巨人は、ホームラン攻勢と3投手の継投で勝利。
先発の東野は、7回4安打5三振2四球3失点と制球を乱す場面が有ったが、役目を果たした。
今季2ケタ勝利の可能性が出てきた。
山口とクルーンは、無失点と好結果を残した。
打線は9安打5得点し、ホームラン3本が出た。
谷は、2打席連続ホームランするなど絶好調だ。
ラミレスは、9月にホームランを量産している。
坂本とラミレスと谷が、それぞれ2安打。
スタメン野手で、松本と阿部と中井が無安打。
松本は、犠打の成功2回と失敗1回だった。
ラミレスは、打率.327でセリーグ首位打者。
小笠原は、セリーグ打撃3部門(打率・本塁打・打点)全てでベスト3に入っている。
坂本は、依然として打率3割を超えている。
出場選手登録を抹消されている李の復帰が、とても待ち遠しい。
首位の巨人と2位の中日は、9ゲーム差。
引き分けの差で、実質的に10ゲーム差ある。
今季、優勝する日が近い。

巨人81勝41敗9分 .664 セリーグ1位


こちらこちらも御覧下さい。
by kisima13 | 2009-09-21 17:55 | 野球(プロ アマ)