人気ブログランキング |

安全・安心な武雄市を作ろう 織田勉(おだつとむ) 44歳 O型 独身


by kisima13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

中日、CS第1ステージで勝利!1勝1敗

d0150722_22163810.jpg
クライマックスシリーズ(CS)セリーグ第1ステージ第2戦(10月18日 ナゴヤドーム)

○中日3-2ヤクルト● 

1勝1敗  

勝 吉見 1勝 
セ 岩瀬 1S
負 館山 1敗

中日の先発は吉見、ヤクルトの先発は館山で、セリーグ最多勝投手同士の対決となった。

中日は、1回裏1死満塁から和田の遊ゴロ併殺崩れで井端が生還し、1点を先制した。

ヤクルトは、2回表2死から鬼崎が左前打で出塁し、川本が左翼席に2ランを放って逆転した。

中日は、2回裏に谷繁が左翼席にソロホームランを放って同点に追いついた。

その後、両投手が踏ん張り、3回以降は両軍無得点で終盤へ突入。

中日は、7回裏2死三塁から荒木が中前にタイムリーを放って勝ち越し。

吉見が8回7安打2失点、9回に2番手の浅尾がデントナを三振に抑えた後、3番手の守護神・岩瀬がガイエルを四球で出塁させたが、代打の畠山を二ゴロ併殺打で仕留め、中日が接戦を制した。

1勝1敗のタイで、19日の第3戦で中日は勝つか引き分けるか、ヤクルトは勝てば、CS第2ステージに進出し、セリーグ優勝の巨人と対戦する。

ヤクルトは、先発投手要員のユウキと高木がA型インフルエンザに感染した為、第3戦の先発は由規かもしれない。

地の利と戦力差で、第3戦は中日が有利と読むが、試合をやってみないと分からない。


こちらこちらも御覧下さい。
by kisima13 | 2009-10-18 21:55 | 野球(プロ アマ)