人気ブログランキング |

安全・安心な武雄市を作ろう 織田勉(おだつとむ) 44歳 O型 独身


by kisima13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

おとり捜査に協力させられ逮捕、損害賠償求め提訴

知人らが強盗を企てていることを警察官に知らせたのに「おとり捜査」に協力させられた末、逮捕されて名前を公表され、精神的、肉体的苦痛を被ったとして、佐賀市兵庫町、中古自動車販売業原一弘さんが、佐賀県を相手取り、330万円の損害賠償を求める訴訟を佐賀地裁に起こした。
訴状などによると、原さんは昨年7月23日ごろ、中学の同級生だった暴力団幹部から、佐賀市の民家まで軽乗用車を運転するよう頼まれ、目出し帽を購入することも指示された。
幹部と別の男との話から、強盗を計画していると直感。
“犯行”約2時間前に佐賀署を訪れ、刑事に「強盗をやめさせたい」と相談した。
しかし、刑事から犯行計画に加わるよう言われ、軽乗用車に男3人を乗せて目的の家へ行ったところ、覆面パトカーで追跡するなどしてきた同署員に4人全員が拘束された。
原さんは、事前に強盗目的で目出し帽を買ったとして強盗予備容疑で逮捕され、20日間拘置された後、不起訴(起訴猶予)となって釈放された。
原さんは「パトカーで現場を巡回してくれれば、仲間が犯行をあきらめると思って話した。
逮捕され、共犯者として名前を公表されたのは納得できない」と主張。
県警は「知人らを逮捕するためにはやむを得なかった」としている。
(本文は、読売新聞から抜粋)

佐賀署の刑事の対応は、明らかにおかしい。
佐賀県警は「やむを得なかった」としているが、捜査に協力した原さんは納得出来ない。
彼は逮捕され名前が公表されたことで、精神的、肉体的苦痛は計り知れない。
仕事の中古自動車販売業に支障が出たはずだ。
裁判で勝訴してほしい。
(佐賀県武雄市民 織田勉 35歳)

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
by kisima13 | 2008-03-08 20:31 | 事件 事故