人気ブログランキング |

安全・安心な武雄市を作ろう 織田勉(おだつとむ) 44歳 O型 独身


by kisima13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

巨人、3連敗!巨人25勝28敗1分 セリーグ4位

6/1のセパ交流戦 
巨人4-5ソフトバンク (ヤフードーム)   

巨人の先発はバーンサイド、ソフトバンクの先発は新垣。
ソフトバンクは、1回裏に松中のタイムリー内野安打で1点を先制。
5回裏に松中のツーランホームランで3-0。
巨人は、8回表に坂本のタイムリーツーベースと大道のタイムリーヒットで3-2。
9回表に谷のタイムリーツーベースで3-3の同点に追い付いて延長戦に突入。
巨人は、12回表に寺内のタイムリースリーベースで4-3と勝ち越し。
ソフトバンクは、12回裏に代打の森本のタイムリーヒットで4-4の同点に追い付き、川崎のタイムリー内野安打で5-4とサヨナラ勝ち。
延長12回の総力戦は、ソフトバンクが5-4で勝利。
5番手のホールトンは、今季2勝目。
7番手の山口は、今季2敗目。
この2連戦は、ソフトバンクが2連勝。
巨人は、3連敗で借金3としてセリーグ4位に転落。
(セパ交流戦 巨人5勝5敗)

巨人は7回まで3点をリードされて敗色濃厚だったが、終盤に若手とベテランの頑張りで同点に追い付き、延長12回表に1点を勝ち越したが、山口が12回裏に踏ん張れずに逆転サヨナラ負け。
川崎のファーストへのサヨナラ内野安打は、ファーストの木村拓が定位置ならアウトに出来たが、川崎の走力を警戒したのか守備位置が定位置より浅く、木村拓がゴロを捕球の際に体勢が後ろに傾いて送球が遅れた。
山口は、この回の先頭の柴原に内野安打で出塁され、続く松田に初球をツーベースされた。
松田の送りバントも考えられるケースで、初球は様子を見る必要があった。
松中に打たれたツーランホームランも初球で、阿部のリード(配球)に疑問が残った。
阿部は打撃でも9回表の無死2塁で初球の高めのボール球に手を出し、キャッチャーへのファールフライに倒れた。
攻守の要である阿部の調子が良くないと、巨人の浮上は難しい。
巨人は12回表に1点を勝ち越した後、なお1死3塁で追加点が取れなかった事が痛かった。
9回表の1死満塁の勝ち越しのチャンスでも、矢野が併殺打に倒れて同点止まり。
11安打を放ちながら4得点と、あと1本が出なかった。
投手は7人を継ぎこんだが、実らなかった。
ラミレスは9回表の最終打席でツーベースを放ち、巨人歴代2位の王と並ぶ25試合連続安打。
8番に打順が変わった坂本は、チーム唯一の3安打の猛打賞で1打点。
クルーンは、10回裏に日本プロ野球最速の162キロをマーク。
主力選手が復帰するまで、現有戦力で必死に戦うしかない。
4位の巨人と首位の阪神は、10ゲーム差。
6/3、巨人とオリックスの第1戦が京セラドーム大阪で行われる。

6/1現在 巨人25勝28敗1分 勝率.472 セリーグ4位 
チーム打率.256 (セリーグ4位) 
チーム盗塁数27 (セリーグ3位)
チーム防御率4.08 (セリーグ5位)

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
by kisima13 | 2008-06-01 23:55 | 野球(プロ アマ)