人気ブログランキング |

安全・安心な武雄市を作ろう 織田勉(おだつとむ) 44歳 O型 独身


by kisima13

巨人、ヤクルトに敗れて今季6度目の5割!巨人35勝35敗2分 セリーグ3位

7/1のセリーグ公式戦 
巨人4-7ヤクルト (東京ドーム)   

巨人の先発は野間口、ヤクルトの先発は川島。
ヤクルトは、1回表に青木のタイムリースリーベースで1点を先制し、畠山のショートゴロで3塁ランナーが生還して2-0。
2回表に川本の犠牲フライで3-0。
巨人は、2回裏にラミレスのソロホームランで3-1。
ヤクルトは、3回表に青木のソロホームランで4-1。
巨人は、4回裏にラミレスのスリーランホームランで4-4の同点。
ヤクルトは、5回表に武内のタイムリースリーベースとウィルソンの2点タイムリー内野安打で7-4と勝ち越し。
抑えの林が9回裏を無失点で締め、ヤクルトが7-4で勝利。
川島が今季3勝目(3勝2敗)。
林が今季19セーブ目(1勝3敗19セーブ)。
越智が今季2敗目(0勝2敗)。
今季の巨人とヤクルトの対戦成績は、5勝5敗。
巨人は、貯金が無くなって今季6度目の5割でセリーグ3位。

野間口と越智の投球が全てだった。
味方が得点した直後に失点する典型的な負けパターンだった。
2番手の越智は、2死から失点するなど詰めが甘かった。
3番手以降の山口、東野、藤田は無失点と踏ん張った。
中継ぎ陣は、安定している。
打線は7安打4得点だったが、14三振を奪われた。
ラミレスは、ホームラン2本を含む4安打4打点と1人で気を吐くなど、調子が上がってきた。
主軸の高橋由と阿部は、4打数無安打。
特に高橋由は、4三振と精細が無かった。
代打で出場した加治前と清水と鈴木は、無安打で出塁が出来なかった。
今季の巨人は、5割前後から浮上出来ない。
前半戦を勝ち越す為、これからチームの士気を上げてほしい。
3位の巨人と首位の阪神は、11ゲーム差。
7/2、巨人対ヤクルト第2戦が東京ドームで行われる。

7/1現在 巨人35勝35敗2分 勝率.500 セリーグ3位 
チーム打率.253 (セリーグ6位) 
チーム盗塁数39 (セリーグ3位)
チーム防御率3.80 (セリーグ5位)

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
by kisima13 | 2008-07-01 23:55 | 野球(プロ アマ)