人気ブログランキング |

安全・安心な武雄市を作ろう 織田勉(おだつとむ) 44歳 O型 独身


by kisima13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

大分教員汚職で教諭21人の採用取り消し

d0150722_17102740.jpg
大分県の教員採用汚職事件にからみ、県教委は不正合格が確認されたとして、2008年度教員採用試験で合格した小中学校などの教諭21人の採用取り消しを決めた。
一方、不正のあおりで不合格になった21人については本人が希望すれば採用する方針。
事件を受け、県教委の改革担当プロジェクトチーム(PT)が、収賄罪で起訴された元県教委参事、江藤勝由被告らが改ざんしたとされる試験データを分析。
2008年度は、データ分析や、江藤被告と改ざんを手伝った部下の男性職員の証言から、不正合格者を特定。
2007年度は、試験データの復元が十分でないことから取り消しはしないが、不正のあおりを受けて落とされた可能性がある受験者には、特別試験を実施し合格した場合は採用する。
一方、PTは過去10年間の人事担当者や、現役校長ら約1200人から採用・昇任試験などにおける不正行為などについて調査。
その報告書によると、小中学校の教員採用試験は2001年度まで点数順の競争試験でなかったため、県教委幹部や県議らからの働きかけがあり、ボーダーライン以下の受験者を合格させたこともあった。
2002年度以降は、実質的に競争試験になり、点数の改ざんが始まった。
(本文は、毎日新聞から抜粋)

予想をはるかに上回る採用取り消し人数だ。
合格出来たのに不合格になった人は、とてもかわいそうだ。
公正な採用をしてほしい。

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
by kisima13 | 2008-08-29 22:59 | 学校 教育 資格