安全・安心な武雄市を作ろう 織田勉(おだつとむ) 44歳 O型 独身


by kisima13

<   2009年 07月 ( 144 )   > この月の画像一覧

d0150722_8493331.jpg
d0150722_849453.jpg
阪神対巨人13回戦(7月31日 甲子園球場) 巨人7勝4敗2分  

○阪神3-2巨人● 

勝 能見 5勝7敗  
セ 藤川 3勝3敗12S   
負 内海 4勝7敗  

内海1球に泣く!
7月19日の試合で9回無失点と好投した内海―能見の再戦。
5回まで安打を打たれながらも要所を締めていた内海、6回に坂本の11号ソロで先制するも、その裏1死一、三塁から甘く入った変化球をブラゼルに中越えに弾き返された。
巨人は、痛い2連敗で後半戦を1勝3敗と苦しいスタート。
打線も能見の前に5回まで1安打と抑えられ、坂本に本塁打が出るも加点できなかった。
9回にラミレスが藤川から15号ソロを中越えに放つも後続が打ち取られた
(本文は、スポーツ報知から引用)

巨人は、先制しながらも内海の被弾で逆転負け。
先発の内海は、6回6安打5三振2四死球3失点で、ブラゼルへの失投が全て。
外角へ投げるはずが、真ん中に入って痛打された。
6回の金本への死球は、ビデオで見るとグリップエンドに当たっていた。
ツーストライクと追い込んでいただけに、ピンチを広げる痛い死球だった。
M.中村は1イニングを三者凡退で無失点、山口は2四球ながら併殺打で無失点。
中継ぎの越智と山口は、前半戦の疲れからか最近数試合で本来の投球が出来ていない。
打線は7安打2得点し、ホームラン2本が出た。
ラミレスは、センターバックスクリーンにホームランを放つなど、調子を上げている。
坂本と谷が、それぞれ2安打。
スタメン野手で、亀井と阿部と木村が無安打。
8回に代打で出場した李は、三振に倒れた。
坂本は、打率.316でセリーグ2位。
首位の巨人と2位の中日は、1.5ゲーム差。
後半戦、巨人と中日とヤクルトの激しい戦いが続く。
巨人は、昨季に大逆転でセリーグ優勝を果たした。
戦力が有るので、必ず優勝できるだろう。

巨人51勝31敗7分 .622 セリーグ1位
[PR]
by kisima13 | 2009-07-31 23:55 | 野球(プロ アマ) | Trackback
d0150722_2017996.jpg
今日、ディスカウント大手「ドン・キホーテ」(東京都)の佐賀県内初店舗が、佐賀市新中町にオープンした。
日用雑貨や家電、食品など約4万5千アイテムを販売。
商品の豊富さと低価格が注目を集め、開店前から約350人が行列をつくった。
一方、既存のディスカウント店やスーパーは開店にセールをぶつけるなど警戒感を強めており、佐賀市の流通業界に大きな影響を与えそうだ。
出店地は、佐賀警察署西側。
売場面積は同社平均の倍以上の約3330平方メートルで、通路を広く取り、購入頻度が高い食品や日用雑貨を強化した。
スポーツ用品や玩具、ブランド品など商品は幅広く、近隣店舗の調査をもとに価格を設定しており、店内に「地域最安値」などの表示が目立つ。
これに対し、佐賀市内に4店を展開するダイレックスは競合する他県の状況を念頭に「価格面の競争など出店の影響は出てくるだろう」と予測。
近くに店を持つスーパーモリナガは「食品の価格は当然意識することになる」とドン・キホーテの動きに注目する。
ジャスコ佐賀大和店は7月末から約1カ月間、日用雑貨や飲料など約30品目のディスカウントセールを実施。
周辺にゆめタウンやナフコなどもあり、「出店エリアに商業施設が集中することに警戒が必要」と話す。
佐賀店は全国で151店目で、九州では11店目。
通常店舗に加え、生鮮品なども扱う総合スーパー型の「MEGAドン・キホーテ」も23店舗展開している。
佐賀店の営業時間は午前10時~翌午前3時。
(本文は、佐賀新聞から引用)

ディスカウント「ドン・キホーテ」の進出は、止まらない。
出店エリアに商業施設が集中し、激戦は必至だ。
近年、田舎に大型店が増えている。
消費者にとって、商品が安いほど嬉しい。
もし、地元の武雄市に「ドン・キホーテ」が出来れば、商店街への影響は大きいだろう。
私は、自宅近くの「トライアル」で飲食物をよく買っている。
[PR]
by kisima13 | 2009-07-31 20:55 | 佐賀県 九州 | Trackback
d0150722_20153435.jpg
d0150722_20154290.jpg
d0150722_20154793.jpg
今日の午後6時25分から55分まで、佐賀県武雄総合庁舎前交差点付近に「防犯パトロール」と「交通安全指導」で1人で立った。
普段通り、「防犯パトロール」のタスキと「武雄市交通安全指導員」用の帽子を着用した。
今年の夕方の防犯パトロールは、210勤2休 99.1%。
(2007年からの通算924勤16休 98.3%)
毎日朝夕の「防犯パトロール」と「交通安全指導」は、2006年4月24日から始めて4年目だ。
良い天気で風が吹き、気温が高くなく暑くなかった。
今日、午後7時50分頃に日が暮れた。
現在、小中高は夏休みだ。
武雄市立武雄中学校2年生は、今日、学年登校日だった。
徒歩や自転車で帰宅や移動する中高生の多くに挨拶した。
よく挨拶をする中高生が多いので、とても嬉しい。
午後5時30分頃から午後7時20分頃までが、中高生の帰宅時間のピークである。
複数で帰宅している中高生が多く、安全対策になっている。
中高生は、早目に帰宅してほしい。
佐賀県立武雄青陵中学校は、今年度から全3学年で約480名の生徒が在校している。
彼らの多くが、歩行や自転車で佐賀県武雄総合庁舎前交差点を通過している。
真面目で優等生が多く、とても好感が持てる。
完全下校時間は、午後6時30分だ。
伊万里、有田、山内、北方、大町、鹿島などの生徒は、電車やバスや車で通学している。
武雄市立武雄中学校の完全下校時間は、午後7時だ。
徒歩や自転車で帰宅や移動する大人10人程度に挨拶した。
中高生と大人が横断歩道を渡る際、「横断中」の旗を掲げて車の進入を防いだ。
車やバスに乗っている小中高生の多くを見掛けた。
小中高生約100人が、徒歩や自転車や車やバスで佐賀県武雄総合庁舎前交差点を通過した。
午後6時50分頃まで、車の交通量が多かった。
地元を運行する祐徳バスとJRバスとタクシーの運転手に会釈で挨拶した。
日の入り後、佐賀県武雄総合庁舎前交差点付近の街灯4つ全てが点灯している。
交差点の四隅で、リンガーハット側とマクドナルド側は店の明かりで見やすいが、佐賀銀行側と武雄総合庁舎側は建物が消灯しているので見えにくい。
安全性や防犯性の為、歩道に街灯の早急な設置を望む。
夕方に横断歩道を渡る人が多いので、車は右左折時に減速して安全確認してほしい。
減速せずに右左折する車や、赤信号で加速して進む車を見掛ける。
相変わらず、車を運転中に携帯電話を使用する人が多い。
交差点を通過する際にシートベルトを着用する運転手や同乗者が居る。
警察が取り締まりをすれば、車の運転手の多くが交通違反に成るだろう。
赤信号で強引に横断する歩行者や自転車が居て、とても危険だ。
自転車の左側通行を徹底してほしいが、自転車の右側通行が多い。
日の入り後、自転車のライト点灯を望むが、自転車の無点灯をよく見掛ける。
佐賀県武雄総合庁舎前交差点で、交通事故や事件が無いことを願う。
[PR]
by kisima13 | 2009-07-31 19:55 | 防犯パトロール | Trackback
d0150722_1344694.jpg
d0150722_13441580.jpg
d0150722_13443933.jpg
サマージャンボ宝くじ
(第566回全国自治宝くじ)
「1等2億円、2等1億円、3等1000万円、夏祭り賞100万円」 

サマージャンボ宝くじの発売は、7月31日までだ。
発売最終日の今日午前11時頃、佐賀県伊万里市の富田園茶舗でサマージャンボ宝くじのバラ10枚(3000円)を購入した。
発売最終日なので、多くの客が来店し、警備員2人が駐車場に誘導していた。
富田園茶舗は宝くじの1等がよく当たる店で、雑誌で取り上げられてから、他県からも宝くじを購入する人が多い。
今年3月、地元の佐賀県武雄市の宝くじ売り場で、グリーンジャンボ宝くじの1等と2等と3等の当選者が出た。
1等と2等が当たらなくても、3等か夏祭り賞を当てたい。
[PR]
by kisima13 | 2009-07-31 13:55 | 日記 プライベート | Trackback
d0150722_9585553.jpg
d0150722_959179.jpg
d0150722_9594441.jpg
今日の午前6時44分から午前7時59分まで、佐賀県武雄総合庁舎前交差点付近に「防犯パトロール」と「交通安全指導」で1人で立った。
普段通り、「防犯パトロール」のタスキと「武雄市交通安全指導員」用の帽子を着用した。
今年の朝の防犯パトロールの通算は、209勤3休 98.6%。
(2006年からの通算1151勤42休 96.5%)
毎日朝夕の「防犯パトロール」と「交通安全指導」は、2006年4月24日から始めて4年目だ。
今朝、午前5時15分頃に日が明るくなった。
良い天気で風が吹き、気温が高く暑かった。
現在、小中高は夏休みだ。
今日、武雄市立武雄中学校2年生は、学年登校日である。
部活や補習などの為に、徒歩や自転車で通学する中高生の多くに挨拶した。
自転車通学の中学生は、ヘルメットを被るように義務付けられている。
よく挨拶をする中高生が多いので、とても嬉しい。
佐賀県立武雄青陵中学校は、今年度から全3学年で約480名が在校している。
真面目で優等生が多く、とても好感が持てる。
彼らの多くが、徒歩や自転車で佐賀県武雄総合庁舎前交差点を通過している。
伊万里や有田や山内や北方や大町や鹿島などの生徒は、電車やバスや車で通学している。
徒歩や自転車で通勤や移動する大人10人程度に挨拶した。
中高生と大人が横断歩道を渡る際、「横断中」の旗を掲げて車の進入を防いだ。
車やバスに乗って通学する中高生の多くを見掛けた。
中高生約300人が、徒歩や自転車や車やバスで佐賀県武雄総合庁舎前交差点を通過した。
午前7時30分頃から、車の交通量が増えた。
交差点を通過する地元の祐徳バスとJRバスとタクシーの運転手に会釈で挨拶した。
巡回中のパトカーに乗った警察官から、「御苦労様です」と声を掛けられた。
午前7時35分頃から50分頃まで、「幸福実現党」の2人が交差点付近に立たれて演説された。
相変わらず、交差点の右左折で減速しない車や赤信号で加速して進む車を見掛ける。
右左折時にウインカーを点滅しない車の運転手がたまに居る。
車の運転手は、交差点の右左折時に減速して横断中の歩行者と自転車をよく見てほしい。
現在、車を運転中に携帯電話を使用する人が多い。
車で交差点を通過する際に、シートベルトを着用する運転手を見掛ける。
取り締まりをすれば、車の運転手の多くが交通違反に成るだろう。
赤信号で強引に横断する歩行者と自転車が居て、とても危険である。
自転車の左側通行を徹底してほしいが、自転車の右側通行をたまに見掛ける。
佐賀県武雄総合庁舎前交差点で、交通事故や事件が無いことを願う。
[PR]
by kisima13 | 2009-07-31 09:55 | 防犯パトロール | Trackback
d0150722_9161765.jpg
巨人対中日15回戦(7月30日 東京ドーム) 巨人9勝6敗 

●巨人3-5中日○ 

勝 川井 11勝 
セ 岩瀬  1勝2敗30S  
負 東野  4勝6敗  

巨人は、6回に先発の東野が逆転を許し、中継ぎの越智も2点を奪われた。
7回に阿部が13号弾で反撃したが、あと一歩及ばなかった。
このカード1勝2敗と負け越し、ゲーム差を再び1.5に縮められた。
巨人は、4回1死満塁で阿部が川井の6球目を中前に弾き返し2者が生還し、2点を先行した。
東野は、5回1死一塁から荒木に右中間適時二塁打を打たれ、1点を返された。
6回に無死から、小池に2ランを浴び、逆転を許すとマウンドを降りた。
代わった越智は、2死から2者連続四球、2者連続タイムリーを浴び、この回4点を奪われた。
巨人は、7回に阿部13号で1点を返し反撃。
9回2死から阿部が右前打で出塁し、一発同点の場面で代打・李承ヨプが空振り三振に倒れた。
(本文は、スポーツ報知から引用)

巨人は、先制しながらも中盤に逆転されて敗れた。
先発の東野は、6回途中まで5安打6三振5四死球3失点と逆転されて降板し、3回以外は毎回走者を出して球数が多かった。
越智は、2死から2安打2四球で2失点し、登板した最近数試合で失点している。
今季の登板過多からか、制球が定まらず甘い球が多い。
木村と野間口は無失点ながら、四球で走者を出してピンチを作っていた。
投手4人で11四死球と守備時間が長く、攻撃のリズムが良くなかった。
打線は8安打3得点し、ホームラン1本とタイムリー1本が出た。
阿部が4安打(1本塁打)3打点と全打点を挙げ、ラミレスが3安打の猛打賞。
6回以降、当たっているラミレスと阿部の前に走者を出せなかった。
スタメン野手で、坂本と松本と小笠原と亀井と木村が無安打。
復調が待たれる李は、9回に代打で出場して三振。
坂本は、打率.314でセリーグ3位を保っている。
首位の巨人と2位の中日は、1.5ゲーム差。
後半戦、巨人と中日とヤクルトの激しい戦いが続く。
巨人は、昨季に大逆転でセリーグ優勝を果たした。
戦力が有るので、必ず優勝できるだろう。

巨人51勝30敗7分 .630 セリーグ1位
[PR]
by kisima13 | 2009-07-30 23:55 | 野球(プロ アマ) | Trackback
d0150722_2031520.jpg
<佐賀県武雄市立武雄中学校>
 
「県中体連」
[7月30日]

野球             2回戦惜敗

ソフトボール        勝利 準決勝進出

バレーボール男子    3位

ソフトテニス男子個人  4位 九州大会出場

ソフトテニス女子個人  1回戦惜敗

卓球女子個人      初戦惜敗

柔道男子         予選リーグ惜敗

柔道女子         予選リーグ惜敗

剣道男子団体      ベスト8

剣道女子個人      2位 九州大会&全国大会出場 

相撲団体         初戦惜敗

相撲個人         3回戦惜敗

よく頑張りました。
本当にお疲れ様でした。
さらなる活躍を期待します。
[PR]
by kisima13 | 2009-07-30 20:55 | 学校 教育 資格 | Trackback
d0150722_2012282.jpg
d0150722_2013096.jpg
d0150722_2013561.jpg
今日の午後6時25分から56分まで、佐賀県武雄総合庁舎前交差点付近に「防犯パトロール」と「交通安全指導」で1人で立った。
普段通り、「防犯パトロール」のタスキと「武雄市交通安全指導員」用の帽子を着用した。
今年の夕方の防犯パトロールは、209勤2休 99.1%。
(2007年からの通算923勤16休 98.3%)
毎日朝夕の「防犯パトロール」と「交通安全指導」は、2006年4月24日から始めて4年目だ。
良い天気で風が吹き、気温が高く暑かった。
今日、午後7時50分頃に日が暮れた。
現在、小中高は夏休みだ。
徒歩や自転車で帰宅や移動する中高生の多くに挨拶した。
よく挨拶をする中高生が多いので、とても嬉しい。
午後5時30分頃から午後7時20分頃までが、中高生の帰宅時間のピークである。
複数で帰宅している中高生が多く、安全対策になっている。
中高生は、早目に帰宅してほしい。
佐賀県立武雄青陵中学校は、今年度から全3学年で約480名の生徒が在校している。
彼らの多くが、歩行や自転車で佐賀県武雄総合庁舎前交差点を通過している。
真面目で優等生が多く、とても好感が持てる。
現在、完全下校時間が午後6時30分になっている。
伊万里、有田、山内、北方、大町、鹿島などの生徒は、電車やバスや車で通学している。
武雄市立武雄中学校は、完全下校時間が午後7時になっている。
徒歩や自転車で帰宅や移動する大人15人程度に挨拶した。
中高生と大人が横断歩道を渡る際、「横断中」の旗を掲げて車の進入を防いだ。
車やバスに乗っている小中高生の多くを見掛けた。
小中高生約100人が、徒歩や自転車や車やバスで佐賀県武雄総合庁舎前交差点を通過した。
午後6時50分頃まで、車の交通量が多かった。
地元を運行する祐徳バスとJRバスとタクシーの運転手に会釈で挨拶した。
日の入り後、佐賀県武雄総合庁舎前交差点付近の街灯4つ全てが点灯している。
交差点の四隅で、リンガーハット側とマクドナルド側は店の明かりで見やすいが、佐賀銀行側と武雄総合庁舎側は建物が消灯しているので見えにくい。
安全性や防犯性の為、歩道に街灯の早急な設置を望む。
夕方に横断歩道を渡る人が多いので、車は右左折時に減速して安全確認してほしい。
減速せずに右左折する車や、赤信号で加速して進む車を見掛ける。
相変わらず、車を運転中に携帯電話を使用する人が多い。
交差点を通過する際にシートベルトを着用する運転手や同乗者が居る。
警察が取り締まりをすれば、車の運転手の多くが交通違反に成るだろう。
赤信号で強引に横断する歩行者や自転車が居て、とても危険だ。
自転車の左側通行を徹底してほしいが、自転車の右側通行が多い。
日の入り後、自転車のライト点灯を望むが、自転車の無点灯をよく見掛ける。
佐賀県武雄総合庁舎前交差点で、交通事故や事件が無いことを願う。
[PR]
by kisima13 | 2009-07-30 19:55 | 防犯パトロール | Trackback
d0150722_1884840.jpg
農作物の被害対策の一環として、佐賀県武雄市内で捕獲したイノシシ肉の特産化を目指す同市などは、イノシシ肉を加工したスモークハムやソーセージなどの新メニューを発表した。
8月中にも武雄温泉物産館(武雄町)や道の駅(山内町)などで販売。
武雄発の新たな地域ブランドを目指す。
今年2月に市が補助し、完成した鳥獣食肉加工センター「やまんくじら」(山内町)を拠点に加工品開発や販路開拓などを推進。
有田町の山下精肉店も協力し、5月頃から開発や試食会を行ってきた。
メニューは全部で5種類。
センターが販売するスモークハムはレモングラス入りで約60グラム500円。
山下精肉店はソーセージやベーコン、ハンバーグ、プレスハムの4種類を製造・販売する。
いずれもイノシシ肉100%。
(本文は、佐賀新聞から引用)

武雄市特産のイノシシ肉加工品を早く食べたい。
それが売れれば、市の知名度アップに繋がる。
武雄市はイノシシが多く、イノシシ課が創設されている。
[PR]
by kisima13 | 2009-07-30 17:55 | 武雄市(たけおし) | Trackback
d0150722_17154878.jpg
d0150722_1716226.jpg
成人の年齢を20歳から引き下げる民法改正の是非を検討してきた法制審議会の民法成年年齢部会は、18歳に引き下げるのが適当とする最終報告書を取りまとめた。
公職選挙法改正により選挙年齢も引き下げて成人年齢と一致させるのが望ましいとし、拡大の懸念がある消費者被害の対策充実など一定の環境整備も必要と指摘した。
その上で、法改正の時期は「国会の判断に委ねるべきだ」として明示を避けた。
民法が改正されれば、公選法や少年法など条文で年齢要件を定めた191の法律に影響が及び、「大人」の定義を巡り、国民生活が大きく変わる可能性がある。
男子18歳、女子16歳と定められている婚姻年齢は「男女とも18歳とすべきだ」とした。養子をとれる年齢は20歳の現状維持とした。
07年に成立した国民投票法は、投票年齢を原則18歳以上と定めている。
併せて付則で民法と公選法の年齢条文引き下げを10年の施行までに検討すると規定し、法制上の措置が講じられるまでは投票年齢を20歳以上とした。
このため、法制審が08年2月に諮問を受けた。
最終報告書は9月の法制審総会で議論する。
(本文は、毎日新聞から引用)

私は、成人年齢「18歳」引き下げに賛成だ。
世界の国の多くは、18歳を成人としている。
しかし、日本の世間全体が未熟化している今、社会的にも経済的にも実際の「成人」としていいのは、25歳ぐらいでないか?
高卒で就職すれば18歳で社会に出るが、大学生や専門学生などの若者は、学生の間は大人の自覚があまりない。
高校3年生で誕生日の違いによって、高校に成年と未成年が混在することになる。
親から見れば19歳までは子供で、この議論に時間を掛けるべきだろう。
[PR]
by kisima13 | 2009-07-30 16:55 | 社会 時事 | Trackback