人気ブログランキング |

安全・安心な武雄市を作ろう 織田勉(おだつとむ) 44歳 O型 独身


by kisima13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:ボクシング ( 9 ) タグの人気記事

亀田興毅が内藤大助に判定勝ち!_d0150722_2216080.jpg
今夜のWBCフライ級タイトルマッチ12回戦で、同級3位の亀田興毅(23)が、同級王者の内藤大助(35)に3-0で判定勝ちし、新王者になった。

亀田は2階級制覇を達成し、内藤は6度目の防衛に失敗した。

個人的な見解で試合内容は甲乙つけがたかったが、ジャッジ3人全てが亀田を支持した。

内藤は前に出て手数が出ていたが、亀田はカウンター狙いでパンチを浴びせ、8ラウンド終了時で亀田が3-0とリードし、そのまま逃げ切った。

新王者の亀田は、思っていたより冷静な試合運びを見せた。

次戦で暫定王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との対戦を求められている。

内藤の鼻骨は大きく腫れあがり、古傷の右目の上が切れて出血していた。

敗れた内藤は、年齢的に引退するかもしれない。

軽量級の試合にしては、互いに打ち合うケースが多く、面白い試合だった。

今後の2人の動向に注目する。


こちらこちらも御覧下さい。
by kisima13 | 2009-11-29 21:55 | その他スポーツ
今夜、内藤大助VS亀田興毅_d0150722_1403877.jpg
今夜、「内藤大助VS亀田興毅」の世界タイトル戦が行われる。

数日前からテレビ番組で取り上げられ、注目の一戦だ。

野球やサッカーの国際試合やオリンピックなどは注目度が高いが、国内の日本人同士の試合が注目されるのは、極めて異例だ。

長期戦になれば、キャリアで上回る内藤が有利だが、若い亀田は速攻で短期戦に持ち込むかもしれない。

スポーツマンらしい正々堂々とした勝負を観たい。

亀田親子を好きになれないので、内藤に勝ってほしい。

今から試合が待ち遠しい。


こちらこちらも御覧下さい。
by kisima13 | 2009-11-29 13:55 | その他スポーツ
内藤大助VS亀田興毅まであと2日_d0150722_224721.jpg
今日、朝の「朝ズバ」で明後日の29日に行われる「内藤大助VS亀田興毅」の特集が報道された。

内藤のキャリアか、亀田の若さか、注目の一戦だ。

35歳の内藤の不安はスタミナだが、階段の昇り降りなどで強化し、タイムが伸びていた。

夜の「金スマ」でも「内藤大助VS亀田興毅」が取り上げられ、内藤の少年時代からチャンピオンになるまでの半生が、ドラマ形式で放送された。

妻と子に支えられ、人への感謝の心を持っている内藤は、亀田戦に負ければ引退を覚悟しているようだ。

亀田の口撃は相変わらずで、好きになれない。

試合をやってみないと分からないが、内藤に勝ってほしい。

29日の試合が、とても楽しみだ。


こちらこちらも御覧下さい。
by kisima13 | 2009-11-27 22:55 | その他スポーツ
世界戦で敗れた亀田大毅!_d0150722_15135111.jpg
世界戦で敗れた亀田大毅!_d0150722_15135920.jpg
世界戦で敗れた亀田大毅!_d0150722_1514445.jpg
世界戦で敗れた亀田大毅!_d0150722_1514932.jpg
<プロボクシング WBA世界フライ級タイトルマッチ> (大阪市中央体育館)

王者・デンカオセーン・カオウィチット(タイ) ○

判定 2─0 (115─113、115─113、114─114)

同級11位・亀田大毅(亀田) ● 

亀田大毅は、2度目の世界挑戦だったが、2つ目の黒星で、戦績15勝(11KO)2敗。

王者は、経験を生かした老獪さで勝利した。

亀田は、左フックを中心に前に出ようとしたが、徹底したボディー攻めに苦しみ、6回は手数を増やして勝負に出たがすぐに失速し、その後も流れを変えることができず、またも世界の壁に跳ね返された。

試合後、亀田の父・史郎氏が客席から「勝ってるやろっ」と絶叫し、亀田ジムの五十嵐会長は、「全体で3ポイントぐらいリードしていた。結果には納得していない。」と述べ、判定に異議があるとしてWBAに再戦を要求するようだ。

11月29日のさいたまスーパーアリーナで、WBC世界フライ級王者・内藤大助に挑戦する興毅は、大毅の悔しさを晴らすことが出来るだろうか?

個人的な気持ちは、内藤に勝ってほしい。


こちらこちらも御覧下さい。
by kisima13 | 2009-10-07 15:55 | その他スポーツ
内藤大助-亀田興毅戦、11月29日決定!_d0150722_17325441.jpg
世界ボクシング評議会(WBC)フライ級チャンピオンの内藤大助(35)=宮田ジム=と、同級3位で元世界ボクシング協会(WBA)ライト級王者の亀田興毅(22)=亀田ジム=が対戦するタイトル戦が11月29日にさいたまスーパーアリーナで行われることか決定した。

2年前に亀田興毅の弟の大毅が内藤大助に挑戦し、反則行為を繰り返した末に敗れた経緯があり、因縁の対決として注目されている。

内藤は「気持ちの入った、いい殴り合いをしたい。」といつも通りの口調だったが、亀田は「3ラウンドで仕留める」とKO宣言し、相変わらずの亀田節だった。

内藤の気になる点は、年齢によるスタミナ、パンチ、スピードの衰えだが、冷静な試合運びで戦えば、勝機は有る。

亀田の武器は、若さによる勢いで、弟のような試合にならないだろう。

対決が見ものだが、内藤に勝ってほしい。

地元の佐賀で、いつか試合をしてほしいが無理だろう。


こちらこちらも御覧下さい。
by kisima13 | 2009-09-24 17:55 | その他スポーツ
日本ボクシング・ヘビー級復活!_d0150722_1765250.jpg
日本ボクシングコミッション(JBC)は、大型選手育成が狙いで、最重量級のヘビー級(90・72キロ以上無制限)の国内ランキングを51年ぶりに復活させる。

ヘビー級は1957年5月に日本王座決定戦が実施されたが、その後は挑戦者が現れず、58年1月にタイトルがJBC預かりとなり、ランキングが消滅していた。

ランキング委員会で、クルーザー級(90・72キロ以下)とライトヘビー級(79・38キロ以下)とスーパーミドル級(76・20キロ以下)の重いクラスも設置される。

選手が揃えば、年内に重量級のプロテストを行い、来年から試合を開催していく方向だ。

1990年代に西島洋介山が日本ボクシング重量級で活躍していたことが記憶に新しい。

ヘビー級の復活は嬉しいが、大型選手がどれだけ現れるか未知数だ。

重量級は、判定よりKOの試合が多く、観戦者にとってエキサイティングで面白い。

未来の日本チャンピオンが、世界戦で戦う日が待ち遠しい。


こちらこちらも御覧下さい。
by kisima13 | 2009-09-11 16:55 | その他スポーツ
高校6冠の井岡一翔、TKOでプロデビュー _d0150722_1215013.jpg
プロボクシングの元世界2階級王者、井岡弘樹さん(現井岡ジム会長)を叔父に持つ井岡一翔(20)が、大阪府立体育会館で行われた6回戦でプロデビューした。
タイのフライ級1位選手を相手に3回26秒TKO勝ち。
左フックから連打でレフェリーストップを呼び込んだ。
8000人を超える観衆の前でデビュー戦を飾った井岡は「気持ちよく試合できて、素直にうれしい」と笑顔。
世界ボクシング評議会(WBC)フェザー級王者、粟生隆寛(帝拳)と並ぶ高校6冠などアマで実績を持つだけに、「最終的には叔父を超える(世界3階級制覇)」と目標は大きかった。
(本文は、時事通信から引用)

井岡一翔の実績とセンスは素晴らしい。
約20年前の伯父の井岡弘樹の現役時代を、ふと思い出した。
ボクシング界に新たなスター誕生を望む。

『モチベーションアップ解説ワークショップ ASAP』これで、どんな時も、やる気を出すことができます
『モチベーションアップ解説ワークショップ ASAP』これで、どんな時も、やる気を出すことができます

インターネット募金

ヤフーオークション
ヤフーブログ 
ミクシィブログ
スポーツナビ
by kisima13 | 2009-04-12 23:55 | その他スポーツ
元世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級チャンピオンの亀田興毅(協栄)は、千葉・幕張メッセで約8カ月ぶりの復帰戦となるフライ級10回戦を行い、WBAライトフライ級13位のレクソン・フローレス(フィリピン)に判定勝ちした。
戦績は17戦全勝(11KO)。
ボクシング界から身を引いた父親の史郎氏はリングサイドで観戦した。
亀田興は弟の亀田大毅(協栄)が昨年10月に起こした反則問題に絡み3カ月間の試合自粛を経て復帰。
1回に左のショートでダウンを奪い、ジャッジ全員がフルマークをつける一方的な内容だったがKOはできなかった。
亀田興は「あと1、2戦してから年内に世界挑戦したい」と話し、内藤大助(宮田)が保持する世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座に挑戦して2階級制覇を狙う意向を示した。
KOを逃した結果に本人は「相手は世界ランカーだけど、悔しい」。
最後まで手数は減らなかったが、右のリードが起点のコンビネーションが打てず課題も残った。
(本文は、時事通信から抜粋)

亀田は、内容的に完勝だった。
しかし、技術的な課題も有った。
亀田3兄弟は、なにより人間性を改めることが必要だ。
謙虚さを持って練習を積んで試合で勝てば、人気が上がるだろう。
年内に内藤大助との試合が実現すれば、盛り上がるのは間違いない。
私は亀田親子が嫌いなので、内藤を応援する。
(佐賀県武雄市民 織田勉 36歳)

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
by kisima13 | 2008-03-22 21:52 | その他スポーツ
プロボクサー亀田大毅が乗用車で接触事故_d0150722_20545736.jpg

1/27、プロボクサー亀田大毅(19)が東京都内で乗用車同士の接触事故を起こした。
けが人は居なかった。
東京都葛飾区亀有の路上を走っていた男性の乗用車が路地を左折しようとしたが、この路地から他の乗用車が出てきた為にブレーキを踏んだ。
後続の亀田大毅は、止まりきれずに接触した。
現場は見通しのよい直線道路。
亀田大毅は、1人で運転していた。
警視庁亀有署では物損事故として処理した。
(本文は、産経新聞から抜粋)

亀田大毅は、プライベートでも事故を起こした。(笑) 
前方の車にぶつかったのは、車間距離をおいてなかったからだ。
物損事故なら、不幸中の幸い。
免許を取ったばかりだが、初心者マークを付けていたのか?
更生しないと、また問題を起こすだろう。
(佐賀県武雄市民 織田勉 35歳)

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
by kisima13 | 2008-01-29 20:55 | 事件 事故